差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。
まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。
自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、埋め込む所がないので使えません。
対して、インプラントは差し歯と異なり、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に義歯を装着して固定するというものです。
自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。どんな問題がインプラント治療にあるかを様々な情報ツールで調べたと思いますが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可といった話を聞いた方もいるでしょう。でも、気にしなくて良いです。MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。金属があれば、そこは乱れて映ります。しかし、インプラントは主にチタンが使われているので金属といっても磁気には反応せず、検査には問題ないのです。
インプラント治療の大きな問題は、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。保険適用されることはごくまれで、全面的に自由診療になることが普通であるため何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用にはかなりの開きが出ますし、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでもずいぶん費用は変わってきます。そして、定期検診にも費用がかかってくるということも覚えておきましょう。
入れ歯で噛むと食べた気がしない、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にインプラント治療がすすめられるでしょう。
外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらにセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。
保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりも周りにわかりにくく、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。何よりも見た目の自然さや快適な使用感を重視する方には最適です。
インプラント治療が適用されるケースとして、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいなどの要望があるケースです。
例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯のみに働きかける治療と言えます。両隣の歯は健常なので、削りたくないという事情のケースなら、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。多くのメリットを知られるインプラント治療。
でも、そのマイナス面も知らなければなりません。最大のデメリットは費用が高額になることです。高額のケースでは、数十万円必要になることも覚悟してください。また、治療の失敗内容によっては健康被害が起きると、かなり深刻化するデメリットも忘れないでください。障害が残るばかりか、治療によって死亡したケースもありました。インプラント治療は、まず何が大切かというと、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。
一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので症例数が多ければ多いほど良く、なるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。
それだけでなく、費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止に努めている、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。
最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に口の臭いが気になるようになったケースが割と少なくないようです。
これはなぜでしょうか。
一つには、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているケースもあり得るのです。こうした症状に気付いたら、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。